折り紙ボール

もちろん、折り紙について聞いたことがあります。 実際、これは日本で発明された様々な人物の紙を折る古代の芸術です。このような図形は伝統的に正方形から作られており、作業するときははさみや糊を使うのは習慣的ではありません。この芸術の最も有名な古典吉澤明は、折り紙は抽象的な幾何学であり、自然界や人間の魂には欠けていると言いました。折り紙や楠田のボールは、この技法で行われている伝統的な装飾的な日本の古典的な製品です。彼らはボールのように見え、紙の花、細部、またはソケットからたくさん集まっています。これらの個々の要素はモジュールと呼ばれます。そのようなボールは、日本のインテリアでもすばらしいものになりました。現時点では、デザインの文化と伝統が強く混ざり合っています。

非常に「くすだま」という言葉を理解する方法は? 日本語からは「薬のボール」として翻訳することができます。古くから、そのようなボールは神楽の間に日本人によって使用されました - 宗教的な謎です。これらは太陽の魔法のカルトに基づいて形成された特別な儀式でした。この場合、明るい赤色のボールは太陽のシンボルとして役立ち、その表面は紙から互いにカーネーションした頭で作った。これらのボールは四角形のプラットホームの隅に置かれ、その中から突き出たポールの譜表が突き出ていた。折り紙ボールは日本の休暇に欠かせないものですが、どこで開催されているのか、寺院内で、家でも、通りでも関係ありません。世界中の日本人のファンも、そのような祝日の属性を利用しています。

折り紙のボールは誰かにちょうど飾りに見える誰かのためにそれは魔法の意味で与えられる。彼は患者のベッドの上に置くことができ、彼は彼のエネルギーを充電することができます、ちょうど彼に彼のヤシを持って来る。それは神秘的なように見えるかもしれませんが、ここでは薬効の観点と信念が重要です。病気の人がそのような贈り物を受け取った場合、彼はそれを素早い回復のための願いの象徴、すなわち普遍的な関心と注意の徴候とみなします。そのような心理的支援のおかげで、回復の瞬間ははるかに速くなるでしょう。もちろん、これは魔法のバレリーガイではないかもしれませんが、これらのオブジェクトのすべての珍しい性質を無視しても、インテリアにどれくらいうまく収まり、それを飾るのかを助けることはできません。試してみて、このすばらしい芸術を習得し、そのようなボールを作って、何らかの病気の間にその効果をテストしてください。

折り紙:製紙のボール

ボールを作るのに時間がかかりますが、いくつかの項目では多くのモジュールを使用する必要があるため、1つの四角で構成されている図形よりも重要です。それらの作成プロセスは、かなり複雑なスキームによって実行されますが、通常は詳細に説明されています。この職業では、あらゆる紙が適しており、主な要件は密度と弾力性であり、その端はぼやけていないし、何度も折り目がついていない。折りたたむ代わりに紙自体を引き裂くべきではありません。まず、詳細を作成する必要があります。準備ができたら、接着剤で接着しなければなりません。この場合、クスダマには亀裂がなく、一本のボールだったので、最高の精度を示す必要があります。もちろん、初めてこの結果を達成するのは難しいでしょうが、時間とともにスキルが向上します。

Kusudamsは、通常、文字列、スレッドまたはランプまたは天井に色付きのロープを取り付けます。バルーン - 折り紙を飾るために、下から締める必要のある糸のブラシを作るか、または着色されたビーズから糸を固定することができます。あなたはボールの作成中にあなたの想像力と個性を示すことができるので、あなたの創造は他のものと似ていません。